MENU

日経平均株価はダウを超える ブルーウエーブが及ぼす影響.今年起こる事

予想より早い段階でダウ指数を超えそうな日経の強さ!バラマキ政策の行く末

1月の新月満月は的中


いつも当ブログにお越しくださり、ありがとうございます。

まだ、確定ではありませんが月末に向けて、調整もしくは下落ムードがプンプンしています。

先日投稿した「惑星逆行と新月満月の年間カレンダー」
で、見ると13日が新月でしたので当たっていると見る事が出来ます。


purachina1005.hateblo.jp


バイデンの声明・経済への影響


いよいよ、アメリカの新政権が誕生?するのか

あらゆる仮説に決着が着くのも、まもなくですね!

まだ確定ではありませんが、先日バイデンが発言した内容で相場見通しに、言及してる投資家も多いですね。

バイデンは、総額にし2000億ドルの救済政策を公言しました。

そして、最低賃金の引き上げもおよそ2倍にすると、大胆にも検討しているそうです。

そして、増税も…💦


バイデンの掲げる増税で受ける影響


日本時間14日午前に米CNNテレビが流した「バイデン氏、コロナ対策財政投入は約2兆ドル」との観測報道に反応して、株価が急騰した。米10年債利回りも時間外で1.07%から1.11%に急騰した。

短期ヘッジファンドが、この材料を囃(はや)して買いを仕掛けたようだ。未確認情報ゆえ、午後には一転、株価も急落した。

引用元:日本経済新聞

そうなると、どうなるのか?

当然、大量の国債発行で長期金利は上がり続けます

そして、インフレが起こり中央銀行はいつか、利下げに舵を切ります。

切ったとたん、バブル崩壊

さらに、バイデンは、最低賃金も上げるとニュースで報道されていますが、これにより中小企業は、労働者に賃金の支払いが出来なくなるでしょう。


小さな企業から倒産が増え、失業者も増え、移民・多国籍労働者を積極的に雇用する流れに必然的になります。

国力は低下。

バラマキ政策もほどほどに

この流れにガチでなると、日本にも当然影響は少なからず出ます。

どのような、舵を切るのか?

によっては、ポートフォリオに占める米国の比率を下げるほかありません。

ブルーウエーブの影響はアメリカの国力そのものに影響します。



日経テクニカル分析

テクニカル的には、新月満月も当たり、月末には水星逆行も控えています。

なので、目先調整or下落目線ではありますが、日経平均株価は、本当に強いですね。

ボリンジャーバンドを見てみると、キレイなバンドウォークの形を形成しています。

ボリンジャーバンドのチャート

なので、日経平均株価に関しては、下げ幅も限定的かもしれません。

ディストリビューション・デーを考察

たびたび、こちらのブログではディストリビューションデーの考察をしてます。

そして、今回も5日点灯『危険信号』しています。


ディストリビューション・デーについては、こちらで解説しています。

purachina1005.hateblo.jp



ちなみに、こちらは2週連続で点灯してるので、しばらく軟調に推移しそうな形では、あります。

こここ最近の、「下落要因が多数点灯場面」では、いずれも、買い方の力が半端なく、踏みあげ相場になっています。

流れに逆らわず順張りに徹するのが1番かもしれません。

確実に、下落のサインを待ち『だまし』に飲み込まれないように♪

金融占星術における重要変化日

日経と少しズレて、ダウの重要変化日は17日前後と、予想。

月末の水星逆行時のポイントも要注意です。

いずれにしても、この2021年は1月が1番、ボラリティが高く、大きく下か上に解き放たれそう。

まとめ


いろいろなテクニカル分析や、星の動きとも合致して、月末までorもしくは2月まで、下落目線です。

とはいえ、日経は本当に強いので、調整も限定的ではないでしょうか。

また、最も地政学リスクの高いアメリカ大統領選挙、就任式。

こちらも、株価はすでに折り込んでるような動きをしています。

昨年の暴落から約1年。二番底来る!と言われ続け、結果来ませんでした…

市場に安心感が広がり、個人投資家が、二番底なんて来ないと思う頃に、やってきますので、気を引き締めて注意深く見る必要があります。

そして、今年起こる事の第一弾として日経平均株価3万を超えを予測します。

すでに射程圏内ですが、長期目線では5万もとらえると思います。

この予測は、あてずっぼで言っているワケではなく、サイクル理論『アノマリー投資』による考察です。


日経に関しては下げ幅も、限定的で日経平均株価が3万を超え、アメリカの株価を逆転するのは、目前です。

投資するなら、素直に日経ETFで良い気もします。

これから来る壮大なバブルは、ホールド(長期投資)が1番です。

特に仮想通貨においても、大きく下げる局面では、最後の買い場になる確率もあります



あくまでも、個人投資家の意見ですので皆様の、トレードの参考程度にお役立て下さると幸いです。

今日もブログにお越しくださり、

ありがとうございました✨

皆さんの応援を励みに、日々ブログを更新しています。

どうか、お帰りの際に

下のブログランキングに

1票頂けると嬉しいです♥

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村

よかったら、またいらしてください💛



チャートの分析イラスト

2021年の惑星逆行と新月満月カレンダーで重要変化日をチェック

今年の金融占星術における重要変化日を知っておこう!

惑星のイメージ画像

はじめに

いつもご覧頂いてる皆様。あけましておめでとうございます♪

そして、いつもありがとうございます。

相場の見解や見通し等、今年も投稿して行こうと思いますので、どうぞ宜しくお願いします!

2020年は本当に大きな転換の年となりましたが、今年はどうなるでしょう。

年明け早々、波乱の予感もしています。

1月は中旬に天王星が順行に戻り、下旬に水星逆行が始まります。



惑星逆行と新月満月カレンダー

今年の惑星の逆行の日程と、毎月訪れる新月と満月のカレンダーを、見やすく作りました。

惑星逆行と新月満月カレンダー


ミックスしたので、どちらもこのカレンダーを見たら、一目で分かるようにしてみました。

新月満月も、相場アノマリーでは、知識として知っていても良い情報です。

パッと見、1月過ぎるとしばらくは、大きな波乱もなさそうではあります。

1月の重要変化日

今月の重要変化日は、前回の記事でも、1部お伝えしたように、1月14日と、1月31日と推察しています。


昨年も12/28が、重要変化日でしたが、ラスト2日大納会に向かって、更に1段上げる展開になりましたね。


1月の重要変化日は、新月満月の日柄とも、重なっています。

1月14日天王星順行に


1月14日は、逆行していた天王星が順行に戻ります。


天王星がもつ意味については、


こちらご覧下さい。


この星の持つ意味を考えると、今も何かしら知らないところで、動いてるのかも知れません。

今は、ちょっと世界的に色々と地政学リスクはあります。

水星の逆行がはじまる

そして、波乱の星とも言われている「水星逆行」が、1月31日から始まります。


以前書いた記事とも重複しますが…

水星逆行とは

■為替相場が荒れやすくなり、方向感も変わりやすくトレンドの転換点となる。

■金星逆行よりも、注意しなければならない。

■騙しも多く特に、水星逆行の初期は乱高下しやすい。

と言った特徴があります。

ビットコイン爆上げ中!3カ月弱で3倍

今現在、仮想通貨がかなり爆上げしています。

ものすごいパフォーマンスですね。

これによって恩恵を受ける銘柄も、明日以降上昇しそうです。

『ビットコインは、みんなでお金持ちになる唯一の方法』なのかもしれません。

私は、かなり出遅れ5月頃の給付金を利用して購入しましたが・・・
10月末100万➡
1/3現在➡350万です。

2か月で3倍以上のパフォーマンスです!

10ヵ月で800%、8倍の上昇!

本当に、時代は風の時代に突入!

岐路に立っているアメリカ


1月中には決着が着くか、もしくは5月頃まで混乱期にあるアメリカ。


まずは、6日(日本時間7日)のペンス副大統領に注目が集まり、20日まで全世界から、注目が集まっています。


土星と天王星のスクエアは、世界的な混乱を示唆します。

反乱・暴動などの意味合いを持ちますので、大きなポジションは、リスクが高いと思っています。

プット・コールレシオが吹き上げ寸前

相場の過熱感を客観的に観察し、投資家心理を表すプット・コールレシオが現在、吹き上げる兆しを見せています。

コールレシオ
引用元:ewarrant

昨年2020年3月のチャートの形と似ているような気がしませんか?


相場全体のトレンドの転換期、投資家心理、過熱感等を把握する上で、プット・コールレシオも毎日チェックする事をオススメ致します。

現在、下値を切り上げ暴騰手前の形を形成してるようにも見えます。

ちなみに、昨年の投資家心理はずっと弱気一辺倒であった事が分かります。



プットの売買金額 ÷ コールの売買金額 (5日移動平均)

■プット・コールレシオが上昇すると弱気な投資家が増えてきた(下落局面)

■プットコールレシオが下落すると強気な投資家が増えてきた(上昇局面)と考えられます。

この数値を下回ったら、この数値を上回ったらという判断基準はありませんが、以下のポイントが参考になるでしょう。

・相場の高値圏ではプット・コールレシオは低くなる傾向がある
・相場の底では、プット・コールレシオは急上昇し、鋭いピークを形成する傾向がある
・相場の転換点は、プット・コールレシオが反対に動き始めた近辺になることが多い

引用元:ewarrant

今週の戦略と予想

年明け早々は、やはり上げそうな雰囲気ですね。

短期的に中旬までに天井を付け、月末までに大きく下げるのではないかと、予想しております。

1月中に下げなくても、時間軸的には3月頃までには、一旦大きく下げそうです。

今年から少しだけ、パフォーマンスの良い仮想通貨の、資金配分をあげています。




あくまでも、個人投資家の意見ですので皆様の、トレードの参考程度にお役立て下さると幸いです。

今日もブログにお越しくださり、

ありがとうございました✨

皆さんの応援を励みに、日々ブログを更新しています。

どうか、お帰りの際に

下のブログランキングに

1票頂けると嬉しいです♥

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村


よかったら、またいらしてください💛

『ブラックスワン』注意報点灯.4か月ぶりの高水準!関連指数をチェック

ブラックスワン・要警戒レベル 年末年始1月の相場は乱高下の可能性

2020年末相場と大発会

ダウ、日経ともに粘っていますね。

見たところ、少し押した程度の調整局面にも見て取れます。

現状では株高になる材料は、米国の追加経済支援くらいですが…


ブラックスワンとは

株式用語で、極端な事柄や事件が生じ、突発的に大幅下落するリスクを示すものの例えとして、良く使われます。

めったに起こらないけど、壊滅的被害をもたらす事象のこと。

2020年は、3月の大暴落から始まり幾度となく、また二番底の懸念や、このブラックスワンを、警戒しながらの投資スタンスとなりました。

ブラックスワンを指数化したもの

このブラックスワンと言われる、いわゆる暴落警戒レベルを、指数化したものがあります。

Skew指数(スキュー指数)といわれ、「ブラックスワン指数」とも呼ばれています。

オプション取引(CBOE)が2011年から公表しており、市場の歪み(skew=スキュー)を数値化しています。

ブラックスワン指数が警戒レベル

このブラックスワン指数が、4か月ぶりの高水準となっています。

こちらは、トレーディングビューで、皆様も簡単に確認する事が出来ます。

投資家の先行き警戒感を反映してる指数ですので
知識として、知っておいても良いデータです。

スキュー指数チャート
引用元:トレーディングビュー

VIX指数も下落継続中

恐怖指数と言われる、VIXX指数。

VIX指数はずっと下落すると、いつかバーン!します。

現状のVIXX指数は先日、少し急騰したけど
また落ち着いて、下向きにジリジリ動いています。

金融占星術的に考察

来年1月17日から、木星と天王星がスクエアを形成します。

スクエアとは、火と地、風と水など反発しあうエレメント同士で形成されるものを指します。

金融占星術における、各天体の持つ意味はこちらでも紹介しています。

purachina1005.hateblo.jp


1月の星の動きは、1月14日に天王星が順行へ戻ります。

天王星は、思いがけない事態や、政治不安、錯乱、崩壊させる、改革、宇宙、国際性など、突然の変化をもたらし、混乱中心の意味合いがあります。

この重要変化日(2日~9日のズレ有)が相場の節目となる可能性があり、天底となりトレンドが変わりやすいとされています。

天王星の近年の動きから考察すると、爆上げ相場を形成した後、その後反転した事が多いです。

株価チャートのイラスト

最大リスクの日柄とも一致

ご存知の方もいるかもしれませんが、とても強烈なトリガーとなりえる事が、アメリカでは起きています。

某有名なトレーダーの方は、全く問題ないとの意見で、ほぼ一致していますが無視も出来ないので、ここも情報はしっかり収集すべきと思います。

アメリカ大統領就任式は1月20日。

そして現在注目の人、ペンス副大統領。

リンウッドは、危険な人物にペンス副大統領の名前も挙げました。

なんだか、不安だし心配ですよね・・・

そして、トランプは、1月6日にワシントンに集結せよ。

と言っています。

1月の選挙・重要変化日頃の、木星と天王星の星位置は、リーマンショック前(高値)の星位置とも一致します。
不安定情勢を示唆する星位置です。

日柄的に1月中旬は要警戒

これらを踏まえた上で、1月14日から天王星が順行に戻る日柄も一致してる点から、1月中旬は重要日柄ではないかな?と推察しています。

そして、水星の逆行が1月31日から始まります。これについては、また次回考察していきたいと思います。


日経平均株価29年振り高値

日経平均も高値更新と、日経ダブルインバースの急騰等も
視野に入れると、いつ大きな下落に見舞われてもおかしくは、ありません。

前回は踏み上げ相場になりましたが、今回もそうなるでしょうか?

いずれにしても、高値を更新した後は、早めに手仕舞うのがセオリーです。

3月暴落時にも酷似

今のチャートも、現状・別のウイルス発生・地政学リスクも、今年3月の暴落時に似ていると思いませんか?

1度、反対に触れた瞬間バーンと大きく動きそう。

時期的にも、米国大統領選挙問題と合致します。

現状、次期大統領は確定されておらず、まだ何があるかは分からないという不安定な状況です。

1月6日のペンス副大統領次第という見方もありますが、トランプ大統領はカードを他にも何枚も、準備してるに違いありません。

懲戒令、大統領令等を発令せずとも、再選する策をねっていたとしても、株価はこれに反応しないとは言えません。

やりすぎ都市伝説で、ミスターがこの事に触れたようですね!

見たかった…

世界情勢・変異種

この変異種についても、以前から陰謀論の世界では、年末に……

と、言われていた事もあり、私としては「やっぱり来たか…」と思いましたが。

このタイミングで、不安と絶望の中のつまらない年末年始。
星の動きを見ても、相場が反応しそうでなりません。

変異種の事、各報道で取り上げる頻度も多くなっています。

まとめ

星の動きや、現在の世界情勢等を、踏まえても
乱高下が、予想されます。

特に来年1月中旬は要警戒。高値を更新した後は、早めに手仕舞いし、利食うのがセオリー。

欲出しは大怪我の元。

とはいえ、大きく下落しても、長期的なサイクルではまだ上昇相場です。

あくまでも、個人投資家の意見ですので皆様の、トレードの参考程度にお役立て下さると幸いです。

今日もブログにお越しくださり、

ありがとうございました✨

皆さんの応援を励みに、日々ブログを更新しています。

どうか、お帰りの際に

下のブログランキングに

1票頂けると嬉しいです♥

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村


よかったら、またいらしてください💛


日銀のETF買いは今後も続く?長短金利操作付き量的・質的金融緩和にメス

長短金利操作・金融緩和の分析と点検を実施し、来年3月の決定会合までに公表予定

ファイナンス会議のイラスト

現状の日銀のETF買い

日本では、金融緩和政策の一環として、日本銀行が直接、
上場投資信託ETF)を買い入れしています。

買い入れ銘柄については、こちらご覧ください。

purachina1005.hateblo.jp


それに加え、今年2020年はコロナ対策の一環として、このETFJ-REITの購入を当面の間、年間6兆円と900億円から、倍の12兆円と1,800億円に引き上げております

3月からこれらは、実施されています。

確かに・・・

3月からなので、約1年経つのでこれからも、この12兆円は継続するのか?という議論が出ています。

これについては、エコノミストの中には、『12兆円は外す方向が良い、次の金融危機の時に打つ手がなくなる。』との、意見もあるのです。

長短金利操作付き量的・質的金融緩和は継続

いわゆる日銀バズーカーと言われているものです。

世界中で、国債買い入れ等の超金融緩和政策が、とられていますが、日本のように

国の中央銀行直接、上場投資信託を買い入れている国は
他にありません。

現在、アメリカではこれを検討してるとも囁かれてます。

長短金利操作とはYCCの事です。

YCCについてはこちら、良かった覗いて見てください。

purachina1005.hateblo.jp


本来、自動的に動く金利も操作しちゃてるという荒業。

日銀は現在実質、日本株の大株主のようなもんです。


日銀は18日、経済・物価への下押し圧力が長期間継続するとの見通しを踏まえ、効果的・持続的な金融緩和を実施していくための点検を行うと表明した。

黒田総裁は今回の「点検」について、日銀が推進してきた「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」の枠組みを見直すことはないと明言した。

また、イールドカーブ・コントロール(YCC)の運営や上場投資信託ETF)などの資産買い入れの具体的な手法が見直しの対象になるとの見解を示した。

黒田総裁は「コロナ感染症の影響もあって2%の物価目標の達成時期がかなり先になったことで、より効果的、持続可能な金融緩和手段を十分検討する価値がある」と説明。

今回の点検は、金融政策の枠組み見直しを含む米連邦準備理事会(FRB)や欧州中央銀行(ECB)の政策レビューとは性質が異なるとも述べた。

ETF、「改善も考える」>
黒田総裁はETFについて「中央銀行の中で異例のオペレーションなのは事実だが、買い入れが直ちに持続不能になることは全くない」とする一方、「2%の物価目標の達成に向けて、より効果的で持続可能な買い入れ方式等、点検・分析し、改善すべきところがあれば改善を考える」と述べた。

「デフレに陥るという恐れは低いと思っている」と語った。

為替市場で足元、円高が進んでいることについては「現時点で強く懸念するとか、景気への影響を考える必要はない」と述べた。

引用元:ロイター/リクルート 和田崇彦 杉山健太郎 編集:石田仁

デフレ懸念はない

こちらの、記事によるとデフレ懸念はないとの事ですが…まぁ、こちらは当然と言えば当然ですね。

これだけ、緩めて大量紙幣印刷をやってますので。

むしろ2%の緩やかなインフレを目指す目標は、また遠のいてしまってます。

昔、藤巻議員が本で「日銀による国債引き受けが行われるようになると、日本でハイパーインフレが起こる」と、くどいくらい仰っていました。

私も、当時はそのように思ってました。

現在の状況は、物価は無視して、金融市場だけがインフレ化してる状況ですね。

点検はするけど枠組みは変えない

点検し、メスを入れるのかと思いきや骨組みは変えないと言ったレポートです。

どっちなのか?かなりふわっとしていてこの記事だけだと勘違いする人や、人によっては見解も分かれそう。

【具体的な手法が見直しの対象になるとの見解】との文言でも分かるように、そのやり方にメスが入るものと思われます。

それを踏まえた上で、私の見解ですが・・・
もっと大胆に、金融緩和していくのでは?とも見て取れます。

またまだ、インフレには届かない。
現状の緩和では足りないと言っているようにも、感じました。

円高に対する懸念はない

為替についても言及されており、円高が現在進んでいるけど、それに対して懸念材料には、ならないとしています。

この辺、日本株は変わりつつありますね。

以前なら円高に触れたら、日経平均株価も、つられて下落しておりました。

今は、完全にドル安になろうが日本株は、昔ほどの影響を受けなくなっています。

それでも強い日本株

エミン・ユルマズさんの本で、彼は一貫して日経平均株価は、強い!
2050年までに30万付けるというような見解を、持っています。

詳しいところまでは、毎度YouTubeとかを見てる訳では、ありませんので相違があるかもしれませんが、日本株には、かなりのバリュー株が、多いと仰ってたかな?

私も日本株に関しては、長期的には強気目線で見ています。

為替、ドル安にあまり釣られなくなってます。

ついでに、米株急落時にも昔ほどの下げ幅がありません。

日銀買いはなくなるのか?

日銀のETF買い入れは、時期をみて(コロナ収束)
買い入れ金額を、6兆円に戻す可能性は、ありますが今後も
買い続けるのではないでしょうか?

買わなくなるのは、明らかなバブル相場、明らかな物価上昇が見られる時で
そんな時期は当分は、来ない気がしてます。

バブル崩壊

日経平均株価、世界株はまだバブルに片足突っ込んだぐらいで、本当のバブルは、これからです。

完全にコロナが収束し、このコロナによるツケを、企業が解消するだろうと、織り込むまで株価は上がり続けます

日本株より重要なのは、アメリカのFRBの金融政策です。

FRBで、金利を上げる兆しが見えて来た時に、一気にバブル相場は、崩壊に向かうとみています。

すぐすぐは、来ないでしょう…


まとめ

今回、日銀の発言で少し不安にもなりました。

どーなるんだろう?
上場投資信託買い入れや、金利操作にメスを入れるの?

そしたら、株価はどーなるの?

当然、皆さん不安になると思いますが、思い切って逆に舵を取れる状況下にはまだ、至っていないと私は考えます。

ただ、不安要素はアメリカ情勢ですね。

これによっては、短期的にショック安もありえるかもしれませんが、そこは最後の買い目になるかもしれません。

長期的には超強気目線です。

アメリカ、この時期でまだ政権移行の動きがありません。

バイデン新政権は、本当にあると考えますか?

私は、トランプ再選を信じていて、それは願いでもあります。

今年の年末年始は、歴史に残るような事が、起こる可能性も、ゼロではありません。

全てがシナリオ臭くて…汗

そして、何度もお伝えしていますが!

来週からは、いよいよ!

土の時代から、風の時代に突入します。


purachina1005.hateblo.jp

トリプルコンジャンクションが21日から!

金融占星術は、高確率で当たっていますので、私は相場の買い目を探る為に、必ず知識として、念頭に入れております。


あくまでも私個人の考えですので、参考程度にして頂ければ、幸いです♪

今日もブログにお越しくださり、

ありがとうございました✨

皆さんの応援を励みに、日々ブログを更新しています。

どうか、お帰りの際に

下のブログランキング

1票頂けると嬉しいです♥

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村

よかったら、またいらしてください💛

米国株はオワコン 揺らぎつつある信頼.転換点に向けて資産防衛すべきか考察

米国株は今後どうなるのか?先行き不透明と大転換点で覇権は移行する時代へ


大統領選挙はどうなる?

現在、未だ確定はどこも打てない状況下のアメリカ大統領選挙

民主党VS共和党

私個人はトランプ再選を願います。

理由は米国株の安定です。

これには、賛否両論あるかと思います。

私がいつも参考にしてる投資家の中には、
バイデン政権になるのとトランプでは株価は、全然違う、うんでんの差があると語る人もいます。

反対に、どちらがなっても変わりはしないという人がいます。

私の考えは前者なので、まだ確定が出る来年の1月6日によっては、ポートフォリオ組み換えを検討しています。

世界から見たアメリ

そっぽを向く投資家のイラスト

現在、世界からアメリカはどのように見えているのでしょうか?

以前ほどの「確固たる信頼」というものが、揺らぎつつあります。

まさに、今グレートコンジャンクションそのもの

purachina1005.hateblo.jp


大転換に、差し掛かっているようにも、感じます。

正直、昔ほどの魅力がなくなりつつあります。

どのような結末が待っているのか…

私のような小さな投資家には、分かりませんが、年末相場に向けて、ポジションは軽くしています。

バフェットが米国株35社売却

今年に入ってから、バフェットが、アメリカの株を35社売却していたそうです。

ウォーレン・バフェットと言えば言わずと知れた投資家です。

手腕も見事で、S&P500指数の年率リターン(配当を含む複利)が10%なのに対し、バフェットのバークシャーは20.3%のリターンです。

株価は2019年末時点で、55年間で2,700,000%以上上昇しました。

過去9カ月間に全売却した銘柄の中には、航空会社4社、そして

ゴールドマン・サックス
コストコ・ホールセールも含まれていました。

そして、ポジションが下げられた25銘柄の中に

アップル
JPモルガン・チェース
マスターカード
ビザ
バンク・オブ・ニューヨーク・メロン
アマゾン・ドット・コム
ゼネラル・モーターズ

等が含まれ、GAFAの銘柄も確認されました。

引用元:楽天トウシル 転載元:モトリーフール

反対に、あまり馴染みのない銘柄も購入したようです。

簡単に言うと新興銘柄です。

この事からも、GAFAMの時代が、今後も揺るがない?と言う説には不安を覚えます。

というか、なかなか大胆なスキャンダルも多くなりました。

パフォーマンスだけ考えたら、無理にそこを攻めなくても良いかも…

米国株のサイクル理論

33~34年の上昇サイクル

米国株は長期的には、33~34年の上昇サイクルを持っています。

今回は、2009年から上昇サイクルに乗っています。

2042年2043年までは、少なくとも大きく下降トレンド入りはないという理論です。

ちょうどこの頃は、インドが人口増加・経済拡大がピークを付ける時期にも重なり、バトンタッチもこのくらいの、時期になるのでは?と考えています。

17年の上昇サイクル

17年の上昇サイクルを2回繰り返し、34年かけて長期上昇相場となると考えられています。

現在は、その17年の1度目の山のピークあたり

起点を2009年とみれば、2026年頃に1度終了し、そこからまた、次の17年サイクルに移行しそうです。

この、サイクルも多少のズレもあるので、早まるのではないかとも考察できます。

私の現状の考察では、次期大統領選挙あたり?
そして、株価と逆相関の金相場は、また丁度
2026年ピークを付ける
と考えられてるので、時期も重なります。

サイクル理論で言えば、米国株はあと5年くらいで、1度整理して、考える必要があります。

そう考えると…

ないとは限らない、4年後の大統領選挙もまた
金融市場に、爆弾を投下
するかもしれません。


米国株より強い日経平均

そのうち、逆転現象が本当に起こるのでは?

と思うほど、強い日本株

特に、マザーズマザーズ短期的には調整中ですが、確実に昔とは違う強さの日経平均株価です。

日本株の方がパフォーマンスが良い。

中には2050年までに、20万円・30万円を目指すと分析している投資家もいます。

時代は新興国株を見据えた

私がよく参考にしてるYouTuberのダン高橋さんは、よくベトナム株や、インドの事を推奨しています。

インドネシアもたまに、推奨していますね。

いわゆる新興国ですが、新興国ブームは、20年ほど前に1度あり(BRICs
また、今後も資金が新興国に、流入していくと見てる投資家も多いです。

人口の規模を考えると、成長率がかなり期待できるからですね。

反対に新興国だった中国は、GDPがいずれインドに抜かれると試算も出ています。

私もこれらの、国への投資もポートフォリオに入れるつもりです。

インドの上場投資信託ETF・1678」は、よく短期売買・デイトレもしてますし、長期でも保有しています。

まとめ

時代の転換点かなぁ…と考えてます。

purachina1005.hateblo.jp


近い未来か、先になるか分かりませんが、GAFAMの時代は、オワコンかなぁ。

そして、だからと言って米国株が終わりという訳ではないので、NASDAQより
銘柄入れ替えして、安定利益を構築してるS&P500の方を優先して購入して、米国株比率は、少し下げるつもりです。

すぐ終わるという訳ではなく、短期ではまだ上昇。

中長期では、見直しが必要と位置づけています。

今現在、日本株の方が魅力的です。

今日もブログにお越しくださり、

ありがとうございました✨

皆さんの応援を励みに、日々ブログを更新しています。

どうか、お帰りの際に

下のブログランキング

1票頂けると嬉しいです♥

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村

よかったら、またいらしてください💛

来週からの日経平均予想!材料出尽くしの暴落も考えられる年末相場

様々なテクニカル指数も危険信号点灯中!プチ?暴落も有り得る可能性

はじめに

いつも、読んでくださり
ありがとうございます!

当たる時も外れる時も、ありますが、
先週からは下落目線で見ています。

ただ、予想に反して日経
は強い…💦

なかなか大崩れしない!

外れちゃう事もあるけど、それはどの投資家もプロも
同じなので♪ 投資は自己責任で
参考程度に、お読みいだだければ幸いです!

先週の動き

先週は、投稿したように
やはりMACDは、デッドクロス移動平均乖離
週足での首吊り線
など

数々の売りサインを打ち消す事が
出来ませんでした。

日経に関しては踏ん張ってる感が否めません。

現状とこれからの危険信号

まず、チャートではテクニカルは売りのサイン

ほとんどの指数でサインが点灯しています。

日経のチャート以外で、気になったのが

日経ダブルインバース信用倍率急騰!

日経ダブルインバース1357に関しては、

どのような株なのか?

以前記事にしていますので
良かったらお読みください♪

↓↓↓↓↓↓↓

purachina1005.hateblo.jp

これは、ざっくり説明すると日経が100下がれば200上がるよ!

って、いうものです。

この、信用倍率が高くなれば高いほど、

「目先、暴落が起こる」

と予想してる人が多いと言う事です。

下の参考資料は、いつも
お世話になっている

「kabutan」カブタンさんから、引用させて頂いております。

44.10倍と、いきなり急騰しています。

日経ダブルインバースの推移表
引用元:kabutan

2倍ですね…

前回暴騰した時は、
売り方VS買い方で

買い方が勝利したので

反対売買していた売り方は
焼かれて、踏み上げ相場へと発展!

大波乱!

そして日経、爆上げとなりました

爆下げではなく、爆上げ・・・涙

今回もそうなるでしょうか?謎

ディストリデーションビュー危険信号点灯!

次は、ディストリビューションデーが危険信号「赤」
の領域に達しました。

このディストリビューションデーに関しても

詳しくは、こちらで説明
してます。

purachina1005.hateblo.jp


簡単に言うと、これが20営業日中
に5個以上点灯したら

危険ですよ!というものです。

実は前回1か月程前?頃にも、
点灯してたけど、こちらは
買い方の勝利で、

投機的な資金が入りこのサインは、

あくまでも危険信号サインのまま、消滅しました。

こちらも、いつもお世話になってる

「投資の森」さんから引用させてもらっています。

ディストリビューションディの推移表
引用元:投資の森

直近20営業日で、5回点灯しちゃいました。

まぁ、今は投資を控えたほうがいいのかな?

不安もよぎります・・・

このウィリアム・オニールさんってすごい方で♪

ディストリビューション

チャート上に現れると85%の確率で
暴落が起きる
って言われているんですよね。

なのに、前回は外れたんで15%に該当したという

現在は、不思議が多すぎる金融相場なのです。


今回も、危険だよー!
とサイン点灯するも、打ち消される形となり
踏み上げになるでしょうか?・・・謎


ファイザーワクチン出尽くし

アメリカ政府は、ファイザー製薬のワクチンの

緊急使用許可承認し、接種開始となる見込みです。

そして、ファイザーの株価チャートも分析してみたんですが…微妙

こんな事が、前々から言われております。

コロナに、関しては
良い材料が出る頃には、株価は売られるという説

現実味を帯びてきそうな、予感です。

株は「噂で買って真実で売る」という

格言もある事から

材料出尽くしで売られちゃうんじゃないのー!

って見方もあります。

私はそう思っています。

アメリカの混乱した情勢

報道ではほとんど出ていませんが…何故?

すごいことに発展していて

私がこれまでこんなに

アメリカ情勢に恐怖を覚えた事はないかも…

今、何か確実に起こってます。よね?

Twitterでもアメリカの方・投資系アカの方は

下手したら一夜にして

サーキットブレイカーがまた、発動するくらい下落する!

などと言ってる方もチラホラ…怖


まとめ・私の見解

私は先週お話した通り

やはり、下目線です。

15日は新月ですしね♪

ただ、私なんて・・・一般個人の投資家が

思うような事の逆を行くのが相場なので、

逆の方『爆上げ』にかけてみるのも
良いかもしれませんね。

そして、日経は本当に強いので、仮に下落したとしても、

そこまで大きく下げない可能性もありそうです。

ただ、下げた時には

絶好の買い場となる事は

間違いないでしょう♪

今はプロも外す相場です。

私の予想もたまに当たる
(6月の天井はガチで大当たりでした!)

けど、外す事もあるので

あくまでも皆様の

投資の参考資料となれば
幸いです。

今日もブログにお越しくださり、

ありがとうございました✨

皆さんの応援を励みに、日々ブログを更新しています。

どうか、お帰りの際に

下のブログランキング

1票頂けると嬉しいです♥

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村


よかったら、またいらしてください💛


株価チャートの分析イラスト

日経平均株価年末の予想と考察,金融アノマリー12月の新月と満月

テクニカルでは日経平均、ダウもそろそろ怪しい動きとサインが点灯!

強すぎる日本株

日経平均強いですねー!

圧巻です。

先月大統領選挙前後は

危険とアナウンスしていましたが

予想に反してかなりの強さ
世界的に上昇相場が続いて

います…

私はまだまだ大きく下げる

局面を待っています。

しつこい?

一ヶ月前に開けた窓

日経平均も、ダウも大統領選挙で

バイデン勝利を折り込んで

11月前半から強気相場

リスクオン状態で上昇し始め

11/6~11/9に窓を開けて

そのまま継続して現在も、

たつきながらも

ボリンジャーバンド

+1σをバンドウォーク

形成して上昇中です。

株式市場のチャートに

おいて、窓を埋めずそのまま

トレンドが継続し続ける

確率は…低く

相場には

「埋めない窓は無い」

という格言もあります。

この日には、ダウも

大きく窓を開けてそのまま

上昇中…ダウの形は

とても微妙ですね。


NYダウはデッドクロス

ニューヨークダウは

指標の1つMACD

デッドクロスしてますね。

ストキャスティクス

なんとか持ちこたえてるけど、

弱い感じが否めません。

他のテクニカル分析でも

一目均衡表は、もうすぐ

小さな雲にはなりますが、

雲のねじれに差し掛かります。
丁度来週ですね。

一目均衡表雲のねじれ

一目均衡表の雲のねじれは

相場のトレンドの

転換点「変化日」になると

言われています。

乖離率が9日連続売りゾーン

移動平均乖離率とは▶

終値移動平均線(25日、75日等)

がどれだけ乖離しているか?

離れてるか?の数値です。

株価の買われすぎ、

売られすぎの目安となる

指標の1つ。

数値目安は

▶5%が調整入り

10%が天井(大底)の目安と言われています。

こちらいつもお世話に

なってる「投資の森」さん

から引用させてもらって

います。

ただ今、売りゾーンが

9日連続で点灯中です。

投資の森から引用した25日乖離率のチャート
引用元:投資の森


週足では首吊り線発生

日経平均株価を週足ベース

で分析してみると

今週「首吊り線」が発生

しましたね。

とても長い下髭という程

ではありませんが、高値圏

での弱気サインとも取れます。

12月のアノマリー

新月満月のアノマリーですが、今月は

15日が新月

30日が満月となっています。

新月満月のアノマリー

毎回絶対!って訳では

当然ないけど・・・

当たりやすい

アノマリーの1つでもあります。

10月は31日が満月だったん

ですが、この日に仕込んで

次の新月の11月15日に

売ればかなりのパフォーマンスでしたね♪

新月・満月については

こちら良かったら

覗いて見て下さい。

↓↓↓↓↓↓↓

purachina1005.hateblo.jp


基本的には

満月に買い、新月に売れ
というアノマリーです。

12月は11月と同じ30日が

満月なので

大納会で買って年明け

まで持ち越す勇気が欲しい!

プラチナ暴騰中!

私のブログタイトルでもある

愛すべきプラチナ

只今、暴騰中です!

金・銀は弱いけど…

これらは短期的にはバラツキが

あるけど、基本は同じ動きになります。

今は買われて

いなかったプラチナに

資金が流入してますね♪

長期のポートフォリオには

必ず入れて欲しいです。

今はちょっとタイミング的に

微妙ではありますが。。。

今こそVIX指数を買おう!

投資は自己責任で♥

VIX指数1552

まだサインは点灯してない

もののかなりの安値圏。

今週中には仕込もうか…

検討しています。

大暴落大好き人間なので

この指数のETF、1552でいつも

かなり利益を頂いております。


まとめ

こうしてみるとかなり

高値圏、天井のサインも

点灯していますね。

上げ続ける相場はない!

と信じまた様子見。

購入も少しだけという戦略です。

というか…

まだ大統領選挙はこれから

ですよね。

ハッキリ決まるまでは

なんにもしないぞ!

と決めている私です。

ってか良くこんな時に

買えるなぁ・・・と

思うばかり。

投資主体別売買状況でも

買ってるのは海外勢ばっかですもんね♪

そして

次の暴落では日経とダウが

逆転する!と

私がいつも読んでる著者

投資家のエミンユルマズ

さんが、仰っていました♪

皆様の投資判断の

お役に立てれば幸いです♪


今日もブログにお越しくださり、

ありがとうございました✨

皆さんの応援を励みに、日々ブログを更新しています。

どうか、お帰りの際に

下のブログランキング

1票頂けると嬉しいです♥

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村

よかったら、またいらしてください💛


株価分析のイメージ画像株価