MENU

お金ジャブジャブ政策で日本はデフレへ突入?将来的には株価暴落。

日本はデフレへ突入?インフレじゃないの?将来的には株価暴落

 

こんにちわ。

私がたまに見ている、というかほぼ毎日みている高橋ダンちゃまのYouTube動画です。

 

昨日の動画では、財政出動で

 

日本経済は将来的にインフレではなく、デフレになるという貴重なお話でした。

 

普通、じゃぶじゃぶするとインフレorスダグフレーションとおもいますよね?

 

 

日本経済は将来的にインフレではなく、デフレになる

 

↓↓↓↓↓↓ソースです♡

 

 


ポストコロナ、次の危機⁉ Dan Takahashi 高

 

 

 

そして、コメント欄にもデフレではなく、インフレの間違いでは??

とありました。

 

なので考察してみました☆

 

わたしなりの考察

 

日本は負債を減らす為、増税する→

 

消費税が、引き上げられると物価が上昇する→

 

国民は商品の購入を減らす→

 

商品が売れないので企業は商品の価格を引き下げる→

 

利益を確保するために賃金を引き下げる…。

 

こうして消費税を増税で賃金が下がり、商品の価格が下がるデフレ経済に突入する→

 

消費税をさらに引き上げると、賃金はさらに下がり、デフレへ突入、株価暴落。

 

賃金を上げ→国民が商品の購入を増やし→日本経済が活性化しないけないよ。

 

と言いたかったのかな?

 

違うかしら・・・

 

ダン高橋とは・・・誰?

 

ちなみに、このお方はすごいかたで・・・

 

20万人snsファロアー。 コーネル大学を首席グループ卒業。 2019年金融トップ100人の受賞者。 日本国籍で60カ国訪問。 12歳投資始め、19歳ウォール街働き始め、26歳で自分の会社を立ち上げ、30歳で売却。 納豆とカラオケ大好きだそうです。

 

引用元:ダン高橋HP

 

 

彼のホームぺージから添付させていただきました。m(__)m

 

 

けど、これがもしも本当になれば市場が思っている株高への期待は、オカルトじゃん!

 

めちゃくちゃと不安になり、

 

1997年3%から5%に増税した頃からの物価の上昇率、賃金の推移を改めてみてみました。

 

増税した頃からの物価の上昇率、賃金

 

増税した頃からの物価の上昇率のチャート

 

 

 

1989年以降の日本の消費者物価指数の推移のチャート

1989年以降の日本の消費者物価指数の推移 Wikipediaより引用

 

 



ETF買いは、2013年4月の異次元緩和からで。。。

 

じゃぶじゃぶに➡

 

そして今回さらに、じゃぶじゃぶしていますけど、これを見ると確かに!

 

増税後は一度たりともインフレに近づいたことないなぁ・・・と。

 

ETF株価指数連動型上場投資信託買いも、禁じ手の一つですよね?

 

日銀保有のETF、19年9月末時点で31兆6112億円 東証1部の5.3% :日本経済新聞

 

 

 19年9月末時点で、ETF総額が31兆6112億円という事は、
 今いくらでしょうね?

 

コロナ前の去年の時点で、保有は5.3%保有ってすごい、大株主。

 

これ、いつ売るのかな?いつも疑問なんですよね。

 

日経が強い原因も、下げてもすぐ後場から日銀砲が来る!

 

っていう期待から、あんまり大きく下げないんですよね。。。

 

日銀がETFを買い入れる理由 

 

日銀はETFを買い入れる理由として、発信している理由は?

「物価の安定」と「金融システムの安定」

市場にお金を供給することにより、資金循環の改善、企業の資産価格の上昇、予想実質金利の低下、といった効果を狙っています。

 

日銀が買い入れているETFの銘柄コード

 

ちなみに、日銀が買い入れを行っているETFは、普通に上場してるので、個人も

購入し乗っかることが可能です。

 

こちらは、日銀が買い入れている株価指数に連動する日興アセットが出しているETFの銘柄コードです。

 

 

 

私も、基本はETFで資産運用をしていますので、上記の銘柄で売買しています。

 

安心ですので・・・

 

金融緩和で、インフレになる、スタグフレーションになる、超デフレになるという方とで、かなり見解が分かれていますが。皆さんは今後将来的にどうなると思いますか?

 

今日も読んでくださり、ありがとうございました✨

 

よかったら、またいらしてください💛

 

 にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村