MENU

心に残る名レース Part1はウオッカ!思い出される伝説の日本ダービー

ウオッカ心に残る名レースPart1思い出される伝説の日本ダービー

 

日本ダービー近づいてきました~。

 

今年はどうなるかな~年々馬のレベルがすごくなりすぎてる気がしますー。

 

日本ダービーと言えば、私はこの馬♪

 

ウオッカです!

 

牝馬にして64年振りに男馬相手に、ダービーを制した。最強牝馬!

 

歴史上最強の馬は?と聞かれると未だに、私自身 答えられない。

どれも、思い入れのある名馬ばかり。

永遠悩み続けている😅💦

 

だけど、最強牝馬は?と聞かれたら私は迷わず、ウオッカです。

 

アイちゃんもジェンティルドンナも

ブエナビスタもすーんごい強かった!けど…

 

強さに震えた、震え度でいうとやっぱウオッカだなぁ。

今見ても泣けてくる。

 

 

ウオッカとガッツポーズする四位騎手

牝馬として64年ぶりに優勝したウオッカとガッツポーズする四位騎手=東京競馬場で2007年5月27日、丸山博撮影 毎日新聞より引用



 

ヴィクトリアマイルでは、レースレコードで、この勝利で2歳からこの年まで4年連続GI級勝利を挙げ、ホクトベガが有していた牝馬による生涯獲得賞金の記録を12年ぶりに超えた名馬。

 

当時は、マイルGIの最大着差でしたね。

口 ポカーンとみていました。

 

ヴィクトリアマイルレース後は、豊さんは、勝利騎手インタビューで

 

「牝馬という枠を超えている。この馬の背中は渡したくない。」

 

とコメントしていました。

ウオッカは、やっぱ四位さんって感じありますけどね😊

 

このヴィクトリアマイルも、また機会があればご紹介したいと思います♡♡♡

 

まずは、ウオッカの日本ダービー見てください!

 

ラスト直接、2頭(後の菊花賞馬)を、捕らえるときの、脚というか速さというか、なんとも言えない

強さを感じました!他馬を蹴散らして飛んでくるというか、力強さが半端ない。。。

 

速いとか強いとかって言葉では、現せないほど、心が震えたのを覚えています。

 

 

 

 

ウオッカ牝馬の画像

アイルランド2010:yoko kunihiro photo :diary:SSブログより引用

 

引退後は、海外ですごし

 

こんなかわいい画像なんかもありました。

 

去年、ディープと同時期な天国にめされたのだけど、

この2頭の奇跡の配合を

みんな切望していましたが、幻となりました。

 

ウォッカって、すごーーーい過去を遡れば、

ものすごく名牝で王家の血を受け継いだ馬だとか。。。

 

このウオッカの血が、後世にうけつがれたらいいなと💛

 

ケースバイケース、タニノミッション、タニノアーバンシーに希望を託しています。

 

今見ても、思い出深く、泣かせる牝馬です。

 

今日も読んでくださり、ありがとうございました✨

 

よかったら、またいらしてください💛

 


競馬ランキング