MENU

鹿児島県大雨災害がHAARPではないかとTwitterで噂に…人工災害、人工地震?九州豪雨

鹿児島県大雨災害がHAARPではないかとTwitterで噂に…人工災害?九州豪雨


おはようございます~。

先日から降り続いてる、大雨の件なんですが
これがHAARPではないかとTwitterで噂になっています。

HAARPとは→災害兵器でアメリカにあるけど、日本にもあるという一説も・・

滋賀県の山奥にある謎の施設が、そうなのではないか?と言われています。

爆撃のように、見えるわけではないので、
目に見えない最強兵器として、認識されています。

驚くべき事に、今回のコロナ禍でこういう陰謀説が
だんだん一般化して来て、
Twitter等のSNSでコメントする方が、多くなりました。

鹿児島県十島村では、活発な梅雨前線の影響で、
「50年に一度の記録的な大雨」の所も土砂災害が、頻発しました。

私も、数年前にこの大雨、豪雨災害により 死にかけた経験があります。

話題のツイートなんですが

↓↓↓↓↓↓ソースです♡  なんか確かに、だ。。。

種子島 の #HAARP とは。 雨雲レーダーで見れば一目瞭然。 電磁波で雨雲をコントロールしています。 #気象操作 は現在進行中。 陰謀論でも何でもなく。 恐らく地震も。
らび-NO MUSIC,NO LIFE-@labyu7rabyu4さんより引用  



survive
@otokoPhotoCollさんyukki@hamrinko5三より引用


他にもたくさん、検索すると出てきますね~。

今は、雨雲レーダーなどもあるし、
WEBでいくらでも動画等も検索できちゃうので、
専門家でなくても、こういう陰謀説が現実味を帯びています。

実際、今はコロナの影響で、
私のように色々違和感を感じている方が、
多いのかなと勝手に思っております☆


米軍は1990年代にHAARPによる気象兵器を研究していて、
ハリケーン制御、人工ハリケーンの作成していたそう。

特に人工降雨技術を研究し、実践してきたらしく。。。

15年前に起きていた香港に向かう高さ152mの超巨大津波が出現し
その後何故か、姿を消す事件が起こっていて
人工津波兵器だっんじゃないの?っと物議を呼びました。

なんと、日本政府も研究を公表していて
「人工降雨」はすでに日本でも、研究され、
実現しているというのです。

2012年6月26日付の「日本経済新聞」は、
筑波大などのチームが、上空に液体炭酸を散布し、
1時間当たりの雨量が10ミリ程度の雨を降らせることに成功したと報じています。

何の為?

考えれば考えるほど、怖いですが

この方のブログが
人工地震、人工台風等を国会とかで議論していたりと
分かりやすくまとめてくださっています。

↓↓↓↓↓↓ソースです♡

note.com



また、今は、新型コロナワクチンへの陰謀論の動画が、

視聴回数800万とか?急拡散していたと
ケムトレイルやその他いろいろ

信じがたい陰謀論が、飛び交っています。

最近、地震も頻発していて、株式投資始めた時に

80年サイクルの勉強をしたのですが、
恐慌、災害がセットで周期的にくるというのですが、これがまさに、今なんですよね~。

そういうのもあってかな?話題にあがるのは。。。

これは、過去の歴史体見ても明らかなので、
これからは、気を引き締めて情報弱者になってはいけないなって、
強く思っています。

メディアは、あまり信じてないので。
まだ、Twitterの方に真実があるとおもってます。

オススメの本です。↓↓↓

信じるか信じないかは、あなた次第です!

今日も読んでくださり、ありがとうございました✨

よかったら、またいらしてください💛

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村

世界経済の謎のイメージ画像