MENU

泥パック ロイヤルスキンリアルマッドマスク 100%保寧マッドパウダー使用

韓国のロイヤルスキンリアルマッドマスクローヤルスキン100% 保寧マッドパウダー使用

今日はシートマスクの紹介です。

【おすすめ度☆4.3】

☆ロイヤルスキン [ Royal Skin] リアルマッドマスク☆

保寧マッドの高級シートマスク!

ちょっと値段が高いマスクなんですが、結構レアなマスクなので

ネットで見つけたり韓国の
オリーブヤングとかお店で見つけたら
1度はゲットしてもらいたいパックです。

使用感と有名なボリョン(保寧)について


高いだけあって、1度使うと肌トーンが、
明るくなりピーリングしたようにツルツルになります。

ポリョン(保寧)って結構昔に流行って、今もマッドソープとか、
韓国の現地エステでも、ポリョンのを使用してる所が、多いんです。

エステしてる時に、いーなと思ってアジュンマに聞くと、
ポリョンのだったりします。

シートマスクの説明画像
引用元:Qoo10

商品説明と使用方法

▶ 商品説明

:100% 保寧マッドパウダーがコーティングされたシートマスクで、外部刺激から肌を保護してくれます。

:マッドーパウダーが顔にフィット、過度な皮脂と肌の老廃物をきれいにケアします。

:保湿、栄養供給、毛穴ケアなどマッドの多様な効能に
シナジー効果を加えるエッセンスがより健康的な肌に導きます。


▶ 使用方法

1. 洗顔後にトナーで肌のキメを整頓します。

2. ポーチを開封してシートを取り出し、
マッドパウダーの面が肌に触れるようにして密着させます。

3. 約10-20分後にシートを除去します。

4. 残ったエッセンスを軽くパッティングして肌に馴染ませます。


▶ 主要成分

:ラベンダー抽出物、ベルガモット抽出物、ペパーミント抽出物、
 フリージア抽出物、カモミール抽出物、ローズマリー抽出物


Royal Skin Real Mud Mask (1ea)

▶ 製造会社:(株)JUNMOK INTERNATIONAL

▶ 原産地:韓国

▶ 内容量:1枚➡25g


引用元:コリアデパート


顔洗い不要なんですが
泥の色をしているので使用後は洗う方がいいと思います。
使用方法にも、パッティングして終わるとありますが、

(シート裏の説明にもそののようにあります)1度かるく洗い流す事をオススメします。

こんな感じで、透明ではない液なので⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎


ロイヤルスキンリアルマッドマスクの見た目

ロイヤルスキンリアルマッドマスクの見た目

少し時間を置いてから私は、洗い流します。

お風呂で、パックするのが慣れている方はそれでもOKだと思います。

入浴中でしたら、軽く洗い流せますので!

毛穴ケア

泥感が凄くあってボリョン産マッドを使用 しているので、
本当に毛穴の掃除してくれます。

これしたら、翌日の朝も、閉じた毛穴は復活していません。

マッドマスクって固まるのが王道なんですが
固まらないから気軽に使えるのもいいです。

ちにみにボリョン産ではないけど、済州島産のイニスフリーのポアマスクも紹介しています。
こちらは、固まるオーソドックスなタイプですが、
大人気なので良かったら、覗いてみて下さい。

↓↓↓↓↓↓ソースです♡

purachina1005.hateblo.jp



ローヤルスキン リアル マスクの他のライン

ローヤルスキン リアル マスクは、
マッドタイプだけでなく様々なタイプが出ています。

肌の老廃物ケア!➡ティーツリー マスク
肌の浄化!➡グリーンティー マスク
本物のアロエパウダー配合! ➡アロエ マスク
清浄な肌へ!➡マッド マスク


安く買えるオススメショップリスト

↓↓↓↓↓↓ソースです♡
あまり、購入できるところがないのです・・・
こちらから購入して頂けると嬉しいです☆


5枚入り!!届くまで時間はかかかるけど、一番安くておまけも付く可能性がある[Qoo10] さん☆

[Qoo10] [ROYAL SKIN]ローヤルスキン リアル マスク/肌の老廃物ケア!ティーツリー マスク/肌の浄化!グリーンティー マスク/本物のアロエパウダー配合! アロエ マスク/清浄な肌へ!マッド マスク

WWW.QOO10.JP

韓国シートマスク一位は?

高級シートマスクなので、特別な7日の前にとかかな?

毎日使用できるコスパではありません。

ぷらちなが、使用したことのあるシートマスクの中では2位です!

一位は、メディヒールです☆王道ですが・・・

今日も読んでくださり、ありがとうございました✨

よかったら、またいらしてください💛

ぽちっとして頂ければ、はげみになります↓↓↓

にほんブログ村 美容ブログ 韓国コスメへ
にほんブログ村