MENU

中国SWIFTによる閉め出し対策が進む,米中金融デカップリングが現実味を

トランプ大統領による鉄のカーテンの破壊力

米中問題、最近この話題に触れていませんでしたが…

トランプ大統領は、やると決めたら
やる男です。


SWIFTによる閉め出し
デカップリングが、現実味を帯びてきています。

SWIFTとは

SWIFTは、銀行間の国際的な決済ネットワークの事で
現在、貿易等の資金決済の4割は、
基軸通貨の米ドル決済で行われています。

そして、国際間の決済の
大半に使われてるシステム・機関
がSWIFT(国際銀行間通信協会)です。

SWIFTには200以上の国が参加していて
SWIFTを使わないと、
国際送金ができない状態になっています。

現状これが、お金のやり取り(貿易)の
国際基準となってるので必須なのです。

アメリカの中央銀行が、国際間の資金のやり取りを、
実質把握出来るようにもなっていると言われています。

デカップリングとは

経済の連携を断ち切る。
連動しない、そんな意味合いで使われます。

今回は、中国とそれ以外の国々の切り離しを示しています。

トランプ大統領の意味深発言

事実、つい先日
トランプ大統領は、「必ず中国に、責任を取らせる」
「エキサイティングな2ヶ月が始まる」等と、
意味深発言を連発しています。

気になってしゃあないですね。

また、結構前ですが4月か5月くらいの時点で
「我々は、証拠を持っている」
とも、発言しています。

この証拠というのは、武漢の研究所が、
ウイルスの発生源だという、証拠を指してると言われてます。


SWIFT脱却の可能性

中国も、SWIFTによる閉め出しに反応して、
対策を講じてるらしいです。

脱却する可能性も将来的に視野に入れての事ですね。

中国は、人民元の国際決済システム、CIPSなるものを
導入しています。

中国がアメリカに対して
講じた対策で、数年前から導入したようなんですが、

これが現在は、90カ国程
参加していてるらしく、
参加銀行数のナンバー1は、なんと日本だとか…

中国の対策

ただ、中国のデジタル人民元の、国際間の取引や
今後の見通しについては、悲観的な意見が多いです。

「この状況下で中国当局は、デジタル人民元を通して
ドル決済システムを迂回すると吹聴しているが
実際にはできないことだ」

「通貨機能の面では、デジタル人民元を発行しても、
他の国と取引できない可能性がある。
最終的にイラン、北朝鮮、ベネズエラなど
一部の国としか取引できない」

引用元:epochtimes

貿易でドル決済が出来ないと

ただ現状は
SWIFT脱却で、ドル決済が出来ないと、
完全に国際社会から、弾き飛ばされるので、
一気に打撃を食らう格好になります。

中国は、輸出で富を得たようなもんで
世界第2位の国になりましたが、今後
基軸通貨のドルが貿易で
使えないなんて…

自滅の道を辿るのみです!
鬼滅の刃をトランプ大統領は、抜いたんですね。

世界経済はどうなる?

これが、もし現実になると…
中国が自滅→日本は影響を受けるのか?

いやいや、全世界が影響を受ける事になります。

当然金融市場にも、影響は
出るだろうし、
戦争レベルの事が、起こるということになると思います。

まぁ、もう軍事力を使わずの金融戦争には突入する寸前ですね。

世界経済に多大な影響もでるし、当然
アメリカにも、良い事はないですよね。

中国も膨大な、米国債を持ってるので、
報復するのも当然考えられます。

それでも、やると言うのが
トランプ大統領です。

トランプ大統領の支持率

先日CNNの世論調査で出た

トランプ大統領とバイデンの支持率です。

バイデン→50%

トランプ大統領→46%

急激にトランプの支持率が
回復して来ています。

その差4%なのでほぼ
同点レベルです。

隠れトランプ支持者もいますし…

赤信号から黄色信号に変わってきています。

アメリカ本国では、トランプ大統領を巡る
フェイクニュースが
これまた、嘘か本当か?

陰謀なのか?
陰謀論者がおかしいのか?

という、白と黒においても
もう現実的に、本当の事を
自ら調べる人口が増えてるようです。

今ニュースで、全世界で放送して
アナウンス大にしている、黒人差別問題も、
大統領選挙に向けた、戦略と考えるのが妥当かな。

これをトランプ大統領のせいにするのは、無理がありますね。

まだ、どうなるかは分かりませんね。

私はトランプ大統領を支持しています。


まとめ

トランプ大統領が、今後
何かを仕掛けてくる可能性は、あると思います。

バイデンが大統領になると、
中国とはズブズブになり
アメリカでは経済にも影響が、
出るだろうと不安説もぬぐえません。

詳しい投資家はどっちがなっても
金融市場には、さほど
影響しない、株価も下がらないと言われていますが

私はトランプ支持者なので
この際、中国と完全に決着を付けてもらいたいなーと思います。

それが出来るのは、唯一トランプのみかな…とも思いますし。

中国との、デカップリングで数年世界が、ダメージを
受けたとしても、今後
世界の覇権が中国に移るのは、もっと恐ろしい…

と、思っています。

今日も読んでくださり、ありがとうございました✨

よかったら、またいらしてください💛

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑いつもランキングの応援ありがとうございます♪


ニュースのイメージ画像