MENU

仮想通貨リブラ、世界の基軸通貨化に現実味 日本発Zenの可能性は?

仮想通貨リブラ、世界の基軸通貨化に現実味 日本発Zenの可能性は?

こんにちわ!

コロナ禍で、全世界同時恐慌に、突入するまえに、
異次元バズーカの、全世界無制限財政出動の、結末は?

世界統一政府の可能性

どうなるか、誰にも予測は出来ませんが、
言われてるのが、世界統一政府やら、世界統一通貨です。


世界統一政府は、ディープステートとかいろいろ、
悪いイメージがあるので、賛同できないけど、
通貨が統一化されるのは、現実的かもしれません。

そうなると、絶対デジタルに、なります。

そこで、じゃあどうやるの?って事なんですが、
これも投資家には、いろいろ意見があり予測も分かれています。

基軸通貨はドルじゃなくなる

『金(ゴールド)の価値を基軸として、新しく発行する』や
仮想通貨を基軸通貨とする、とか?

あるいは、米ドルを、デジタル化とか?

いろいろ予想が分かれていますが、私は今のうちに
資金の一部を、金と仮想通貨のビットコインで運用しています。

先が見えないので…

ただ、一つだけハッキリ言えるのは、お金を手に持って決済する時代は、もう終わります。

注目のリブラ

仮想通貨の中でも、私が注目しているのは、リブラという、Facebookの発行する仮想通貨なんですが、これはまだ、日本では買うことが出来ません。

新興国とかは、法定通貨の価格が安定していないので、暗号資産の世界でもビットコインのように、ボラリティがあると危険なのです。

やはり、現代通貨でもレートが安定していないものは、
リスキーなイメージを持たれるのと同じです。

リブラはステーブルコインなので価格が非常に安定しているという特徴を持っています。

ステーブルコインって何?→法定通貨に対して価格が安定した暗号通貨です。

なので、リブラの方が、その新興国らの法定通貨よりも、
ずっと安定しているっていう、考えが加速しているんです。





ベネズエラの深刻なハイパーインフレ

実際ベネズエラでは、深刻なハイパーインフレ
268万%(すごくないですか?)の最高記録を記録した2019年1月→つい最近の話。

この時ベネズエラ国民は仮想通貨ビットコインに資産を移しました。
新興国とかでは、暗号資産の方がリスクが低いと考えられていて、

日本も15年以上も前から、ハイパーインフレ来るぞ!
スタグフレーション来るそ!

と言われ続けていますので、未来は確実に暗号資産に向かいます


こちらで詳しく、書いてくださっていますので、

⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎ソース貼っておきます。

www.mag2.com


dapps.gamewith.jp


日本の取引所ではビットフライヤーも、いち早くリブラを
取引出来る可能性もあります。

また、日本ではこのステーブルコインとして、Zenなるものが登場しています。

日本発のステーブルコインZEN

このZENは、日本発のステーブルコインなのですが

いずれは、各国通貨に連動する仕組みになるよう、計画が進められています。

Zenでは仮想通貨としてステーブルコインを発行して

日本円と連動したステーブルコイン「JPYZ」となるそうです。


それだけでなく
米ドル、ユーロ、人民元のような各国通貨と連動した
ステーブルコインを各国の法律に合わせて
発行していく事を予定されてますが、
実際これらは、まだ私自身検証していません。

リブラか?ZENか?どっち?って所です。

その為に、仮想通貨、暗号通貨の取引は、スムーズに出来るよう、

今から口座も開設して、すぐ飛び乗れるよう対策しています!

今日も読んでくださり、ありがとうございました✨

よかったら、またいらしてください💛

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村

ビットコインのイメージ画像
MichaelWuenschによるPixabayからの画像